nekoTheShadow’s diary

技術ブログとして始めたはずが、読書&愚痴ブログになりました(´・ω・`)

Kent Beck『テスト駆動開発』(オーム社)

テスト駆動開発

テスト駆動開発

t-wada.hatenablog.jp

こういう「アツい」エントリを読んでしまうと、買わざるを得ないよね(´・ω・`)

正直なところ、本書を読むまでテスト駆動開発(TDD)を誤解していました。もちろん「テスト駆動開発」という単語は知っていたものの、その開発手法では実際にどのようなことを行うのかよくわかっておらず、「単体テストをまず書いてみてコーディング作業を行う」という程度の認識でしかありませんでした。もっとも「テストをまず書いてみる」というのは必ずしも間違ってはいないのですが、それだけではない。「テストを書いて、そのテストに合格するようなコードを書く」これを短くて管理しやすいスパンで繰り返していくことが「テスト駆動開発」の中心的な行為なのです。

本書はぜひ写経してみるべきです。「テストを書いて、そのテストに合格するようなコードを書く」と頭ではわかっていても、実践はなかなか難しいし、そもそもとっかかりになるようなお手本がないと厳しい。そこで写経です。言語化しずらいのですが、本書の写経パート(?)はきわめて写経しやすい作りになっています。シニアプログラマペアプログラミングをしながらコードを成長させ、最後には「テスト駆動開発」が頭ではなく実践として身についている。その鮮やかさに感銘を受けて、全体を2回、加えてJUnitを扱った部分を追加で1回ほど、写経してしまいました。気分はすっかりにわかTDDプログラマで、今日も元気にSESな現場でひとりTDDを実践しています(´・ω・`)