nekoTheShadow’s diary

技術ブログとして始めたはずが、読書&愚痴ブログになりました(´・ω・`)

『Oracleの基本: データベース入門から設計/運用の初歩まで 』(技術評論社)

Oracleの基本 ~データベース入門から設計/運用の初歩まで

Oracleの基本 ~データベース入門から設計/運用の初歩まで

Oracle Databaseの存在はもちろん知っているし、利用したこともある。ただ"利用したことがある"といっても、インフラエンジニアがインストールしてくれたものを使うだけで、利用するのはもっぱらSQL Developer。管理運用はまるっとDBAならびに運用オペレータにお任せ--というのが、この本を読んだときのわたしのスペックでした。要するに「Oracleに触ったことがある」という程度の人間だったのですが、何の因果なのか、新しく入ったプロジェクトで、Oracleを含むミドルウェアのローカル開発環境構築要員に抜擢(´;ω;`)ウゥゥ 割かれた工数もかなり少なめということもあって、Oracle Databaseについて突貫で勉強する必要があり、本書を手に取ったのでした。

本番環境や大規模な運用になると、本書だと物足りないのかもしれませんが、ローカルPCに開発環境を構築する程度であれば、本書で十分すぎるほど。Oracle Databaseに関して最低限知っておくべき知識が過不足なく簡潔に、かつわかりやすくまとめられており、初めてOracle Databaseに触るという人はもちろんのこと、「Oracleをなんとなくで使ってきた」「その場その場のGoogle力で乗り切ってきた」というわたしのような人間にとっても知識を体系的に整理できるよい機会でした。ちなみに自分が構築したのはOracle 18cでした。本書はOracle 12c対応となっていますが、18cでもちゃんと通用する内容になっています。もしバージョン違いで買うことをためらっている人がいるなら、迷わずGO!

本書のおかげでOracleの基礎的な知識を身に着けることができ、ローカル開発環境の構築と手順書の作成を無事終えることができました。感謝! まあそのプロジェクトはなくなったけどね(´・ω・`)