nekoTheShadow’s diary

技術ブログとして始めたはずが、読書&愚痴ブログになりました(´・ω・`)

水野貴明『Web API: The Good Parts』(オライリー・ジャパン)

Web API: The Good Parts

Web API: The Good Parts

日本人が書いたオライリー本に外れなし(´・ω・`)

Web APIの構築というとWeb業界・Webエンジニアの職分というイメージを受けますが、最近はSIerの領分である業務システムでもWeb APIを利用する場面が増えてきています。営業から聞いた話によると、意外にも金融系でWeb API構築系案件が増えているとか。おそらくFine Techブームの影響でしょうね。それはさておき、本書はWeb APIの「美しい」設計が学べる1冊です。

出来の悪いAPIは保守が大変なこともさることながら、利用する側も大変。とくにパブリックAPIは「利用されてなんぼ」、多くの人に利用されることが競争力の源泉です。Web APIに限らず、外部インターフェイス系は要件定義や設計のフェイズで決めてしまうことが多いと思いますが、その「決める」側の人、より具体的にはアーキテクトと呼ばれる人たちはぜひ読むべきでしょう。もちろんわたしのようなプログラマ、つまりありもののAPIを利用する側にも学びが大きい1冊だということはいうまでもありません。Web APIを設計した人の気持ちになること、いいかえればその設計思想を知ることは、プログラマの成果物に良い影響をもたらすではないでしょうか?