読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nekoTheShadow’s diary

技術ブログとして始めたはずが、読書&愚痴ブログになりました(´・ω・`)

山本陽平『Webを支える技術: HTTP, URL, HTML, そしてREST』

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

 

「文化的な最低限の生活」を送るうえでは欠かせない情報インフラとなったインターネット。本書ではその「古くて新しい」インターネットを構成する技術が解説されています。

本書のよいところは大きくふたつ挙げられます。まずは「網羅性」。実のところインターネットはさまざまな「規格」の集合体です。いいかえれば種々の「決まり事」がまずあって、技術者がその「決まり事」を律儀に実装することにより、広大なインターネットは成立しています、本書はその「規格」あるいは「決まり事」を網羅的に扱っており、一読し終えた後もリファレンスとして利用できる強みがあります。

本書のもうひとつの長所は「歴史性」にあると考えます。インターネットやそれを支える「規格」は統一的な国家権力ではなく、いわば「草の根」で定められてきたものがほとんどであり、そのうえ必ずしも「規格」が先行しているとは限りません。いわゆるデファクトスタンダード――つまりまず「実装」が先にあり、それが広まったために、後々になって「規格」へと清書されるということが多々あります。したがってインターネットを支える技術を知るためには、その「企画」「決まり事」がどのように定められたのかという歴史を知ることが必要不可欠となります。本書はその部分についても懇切丁寧に解説が加えられており、その点で単なるリファレンス本とは一線を画しています。


不満をあげておくとすれば「内容がやや古い」ということでしょうか。とくにHTTP/2関連の記述はほとんどありません。ある程度デファクトスタンダードとして固まりつつあるので、このあたりについても解説があればよかったと感じます。もっとも本書は2010年出版の本なので、ないものねだりかもしれませんが。ただ重版を重ねているので、どこかのタイミングで加筆修正などがあってもよかったのではないかと思ったりもします。