nekoTheShadow’s diary

技術ブログとして始めたはずが、読書&愚痴ブログになりました(´・ω・`)

村上春樹『羊をめぐる冒険(下)』読了。

以前は前編について書きました。今日はその続きになります。

そもそもわたしがこの作品に興味を抱いたのはチャンドラー『長いお別れ』にインスパイアされているという(怪)情報を耳にしたからでした。確かに村上春樹はチャンドラーの長編の翻訳を手掛けていますし、ありえそう。

実際に読んでみた感想としては……ふむふむ、影響を受けていそうですね。

とりわけ「僕」と「鼠」の関係は、『長いお別れ』のマーロウとテリー・レノックスの関係に似ているような気がします。どちらも「ホモソーシャル」という意味で。

もちろん語りたいテーマは両作品で異なります。『長いお別れ』は友情そのものがメインテーマです(詳しいひとからいわせれば違うのかもしれませんが)

対して『羊をめぐる冒険』ではふたりの友情はあくまで副菜。本当にあれこれいいたいのは、「近代」なる物語とそれを没落させるもうひとつのものがたり、そしてそれを見守るしかないわたしたち、という3者の関係性でしょう(違っていたらすみません)ともかく、かなり「政治的」な物語であることは間違いないでしょう。

個人的な関心事はともかく、内容や文体は総じて楽しめました。