nekoTheShadow’s diary

技術ブログとして始めたはずが、読書&愚痴ブログになりました(´・ω・`)

Reactって何だ?

javascript界隈では最近その名前を見ない日がないといっても過言ではないReact。
ただ何ができるのか、何のために作られたのか、よくわからないんだよね。
まあ、さほど興味もなく、そのせいで情報を集める気力もわかず、流行に置き去りにされる今日この頃。

とはいえ、おおざっぱでも概要ぐらいはつかんでおきたい。
ビッグウェーブに乗れないなら、乗らない理由や負け惜しみぐらいこしらえておきたいものなのです。
そして、そんなときにはwikipediaがうってつけ――と行きたいところなのだが、日本語版では単独記事がまだない模様。
調べてみると、英語版にはありましたので、わたしのぱっぱらぱーな翻訳を乗せておきます。

ReactはFacebook社が中心になって開発を進めているオープンソースJavaScriptライブラリであり、single-page applicationの欠点を補うようなUIの開発を目的としている。
とりわけ大規模なアプリケーション開発に関して取り組みを続けているReactだが、その目指すところはシンプル。要するにMVCでいうところのVである。ReactがかかわるのがUIである以上、この結論は当然ともいえるが、一方でreactrouterのようにUI以外の部分でReactベースのアドオンが利用されることもある。
なお、現在Reactは様々な企業や団体で採用されており、その将来が期待されている。

ふむふむ、さっぱりわからん。
要加筆の警告が行われているとはいえ、原文も情報量が少なすぎやありませんかね。
いや、そんな記事をあてにして、挙句訳までするやつが悪いって?まさしくその通りでございます。
楽して情報は得られないということですな(´・ω・`)

ともかく、Facebookは一般的なMVCをやめて、SPAを基にした、新しい何かを作りだそうとしているらしい。
ものすごい野望である。本当に実現するのかしら。そんなにMVCも悪くないと思うのだけれどなあ。