nekoTheShadow’s diary

技術ブログとして始めたはずが、読書&愚痴ブログになりました(´・ω・`)

祖田修『鳥獣害: 動物たちと、どう向きあうか 』(岩波新書)

本書のよいところ&面白いところは、鳥獣害やそれに対する対策の単なる事例集に終わっていないことでしょう。もちろん事例は多数紹介されてはいるのだが、それらは考えるヒント程度にしかすぎず、むしろ本書の論点は「鳥獣害を起点として、自然と人間社会の関係性をふたたび問い直そう」というところにあります。またその問い直しにあたっても「問題提起」という点に終わらず、より具体的な社会設計にまで踏み込もうとするところも面白いところです。理想論やべき論をぶち上げるだけの本が多い中、その実現性はさておいても実践まで語ろうとする本書は珍しい類と思います。

現実の鳥獣害の事例に始まり、西洋および日本における自然と人間社会のかかわり方を思想的歴史的側面から整理した後、これからの未来へ向けてあるべき人間と自然の在り方とその実現方法を提示する。その結論のひとつとして、ゆるやかな経済成長の否定にまでいたってしまうのは、ややいただけないというか、筆が滑っているような気もしますが…もっとも「たまにきず」というやつで、その1点をもって本書の価値を全く損なってしまうというものではありません。良書でした。

また本題とは別に「菜食主義者に投げかけられがちな質問」すなわち「動物がかわいそうだからという理由で肉食を避けるならば、なぜおなじ生命を持つ植物は食べてよいのか?」という問題に関して、その思想をまとめた部分があり、大変勉強になりました。本書によると、西洋における動物の権利運動の「元ネタ」として『動物の心』という本があるようなのですが、その本では「植物は科学的に感情を持たないことが明らかだから食べてよい」と語られているそうです。また菜食主義の代表的な思想である仏教では「動物は有情、すなわち仏性を有数するが、植物は非情もしくは無情だから食べてよい」とあるらしく、またこのような菜食肯定ロジックがインドの文化的な風土とは相いれず、発祥の地で仏教が廃れてしまったという分析まで存在するとか。

何を食べるのかという選択それ自体が当人の思想の発露であり、きわめて政治的な行為です。肉食が一般的な日本社会において、あえて菜食主義を選択するということは通常以上の意味合いを持つことはいうまでもなく、その当事者はその選択の理由を理論武装しておかざるを得ません――などと小難しいことを考えてみましたが、そもそもわたしは菜食主義ではありません。すっかり忘れていたぜ(´・ω・`) そもそも牛角で腹いっぱい食べた後にこれを書いている人間が菜食主義についてどうこういう権利はないですよね(´・ω・`)

『UNIXプログラミング環境』(2017-09-16のCodeIQ感謝祭の「ドワンゴからの挑戦状」でもらった本)

"CodeIQ"というウェブサービスをご存じでしょうか? 日本社会で働くプログラマの中では知名度があると思うが、知らな人のために簡単に解説しておくと――CodeIQとは「コード転職サイト」であり、定期的に出題されるプログラミング問題に解答しておくと、その内容を見て大小さまざまな企業からスカウトが来るというサービスです。

さてこのCodeIQですが、運営会社は天下のリクルート。要するに資金力があるらしく、著名なゲストや企業を多数招いたイベントを「感謝祭」と名を打って半年に1度ほどのペースで開催しています。つい先日の2017-09-16(金)にも「CodeIQ感謝祭: 学びの秋!エンジニア最先端に触れて学ぶITフェス」が開催されており、その協賛企業のdwangoが「ドワンゴからの挑戦状」という企画を実施していたのでした。

ドワンゴからの挑戦状」は会場内で配られるプログラミング問題に答えると、先着順でアスキードワンゴの本がプレゼントされるというもの(ちなみに当日出題された問題&解説は次のリンクから確認できます:「CodeIQ感謝祭「ドワンゴからの挑戦状」についての解説」)。「ただでものがもらえる」と聞けばいてもたってもいられず、持ってきていたPCで問題に解答し、以前から気になっていた『UNIXプログラミング環境』をGETしました。ありがとうございます!!! ちなみに本書以外にも

などもプレゼント対象だったようです(ちらっと見ただけなので間違っていたらすみません……)。アスキードワンゴ出版が刊行している技術書のうち、比較的お値段のものを気前よくプレゼントするなんて、なかなか太っ腹。

↓:もらった直後のツイート。はしゃいでおるわ(´・ω・`)


前置きはさておき。タイトルからはわかりづらいかもしれませんが、本書はUNIXの入門書です。ただし一般的な入門書と違うのは、初歩の初歩から発展・応用まで学べてしまうということ。ログインの方法・ファイルシステムの解説・コマンドのたたき方に始まり、シェルスクリプトの書き方・標準入出力の利用方法を経て、最終的にはシステムコールyacc・lexを利用した高度なプログラム開発まで学べてしまいます。電話回線が前提とされているなど、時代を感じさせる記述がないわけではないものの、その内容はまったく古ぼけておらず、古典の古典たるゆえんを感じさせます。

プログラマとして働く以上、UNIXから逃れることはできません。また最近はmacOSをビジネス職に支給することも多いと聞きますが、いうまでもなくmacOSUNIXベース。つまりプログラマは言わずもがな、プログラマ以外もUNIXに触れる機会が増えつつあります。そうした昨今、ソフトウェアエンジニアとして初めてUNIXを利用する・仕事に利用するという初心者にはうってつけの1冊だと思います。少なくとも自分の初心者時代を振り返ってみると「本書をキャリアの早い時期に読んでいれば、しなくてよい苦労も多かったのに……」と読み終えて感じています。

あるいは本書はその性質上UNIXに関する知識が体系的に網羅されています。つまりわたしのような「今まで何となくでUNIXを利用してきた人」が歯抜けになっている知識を整理するという観点からもお勧めできる1冊だと思います。なんにせよ、学びが大きくかつ一生付き合える類の本でした。そんな1冊をタダでもらえちゃうなんて、たまにはお外に出てみるのも悪くないかもしれませんね(´・ω・`)

UNIXプログラミング環境

UNIXプログラミング環境

細川義洋『プロジェクトの失敗はだれのせい?: 紛争解決特別法務室"トッポー"中林麻衣の事件簿 』(技術評論社)

本書のテーマは「受託システム開発が失敗した挙句、顧客との裁判沙汰にまで発展しそうなとき、受託側のSIerはどのようにふるまうべきか」である。よって「トラブルなくシステム開発を進める方法」「デスマーチ状態を脱出するやり方」などは本書のスコープではない。本書は小説仕立て、すなわち顧客との関係がこじれ切ったプロジェクトを法務部員の主人公が救済して回るというものなのだが、その中デスマーチ描写はほとんどなく、またトラブルの原因にしても現実社会ではほとんど考えずらいようなもの、ネタバレを恐れず述べれば「悪意を持った第3者の介入」であり、あくまで「顧客との関係が悪化しきった後」がメインテーマであることがよくわかる。

しかし「ソフトウェア開発においてトラブルをいかにして起こさないか、あるいは起きた場合にはいかにふるまうべきか」については類書あるいは方法論が多数ある中で「トラブルを起こした後」「顧客との裁判もありうる直前」にスポットライトを当てたものは珍しいと思われる。

プログラマならだれでも知っている通り、ソフトウェア開発はそれ自体難しい。そのうえ現実の「業務」はかくも複雑で、それをシステムに落とし込もうというのだから、トラブルは発生して当然なのである。数十億円単位のシステム開発プロジェクトがお釈迦になって、裁判沙汰になることは珍しくないし、おそらく数百万単位・数千万単位のシステム開発であれば、毎日のように裁判になっているのだろう。そのような高リスクなビジネスにかかわるのであれば、未然にトラブル方法にもまして、トラブルになった後のふるまいを知っておくことも悪くない。またその副産物として、受託システム開発にかかわる法律知識、あるいはトラブルになってからわかる、トラブルを起こさない方法も逆算的に知ることができる。要するにお得な1冊である。

最後に小説としてどうかということだが、及第点だと思われる。ややご都合主義な物語運び、サスペンスやミステリというには少し掘り下げが足りない、キャラクタの造詣が典型的というより陳腐――などなど、物語作品として真剣に読むと文句も言いたくなるのだが、本書はあくまでビジネス書や技術書の類。小説形式という選択は「箇条書き的で抽象的で退屈になりがちなテーマを少しでも面白く実践的なものにしたい」という効果を狙ったものであり、その点では成功しているし、そのレベルであれば十分な水準の読み物だったように思う。

最近読んだノンフィクション3冊: 『食肉の帝王』『ザ・粉飾: 暗闘オリンパス事件』『あの会社はこうしてつぶれた』

仕事が忙し杉内(´・ω・`) 仕事で使う技術書を読むだけで精一杯なのですが、そんな中でも一般書を読んではいます。そこで最近読んだ技術書以外の本のうち、とりわけ面白かったノンフィクションジャンルの作品を紹介します。

溝口敦『食肉の帝王』(講談社+α文庫)

食肉の帝王 (講談社+α文庫)

食肉の帝王 (講談社+α文庫)

食肉業界はその歴史的経緯から魑魅魍魎が渦巻く世界であることはよく知られているが、本書は政治財界暴力団を巧みに乗りこなしながら、その魑魅魍魎を御したとある男の「闇」に迫っている。著者はジャーナリストであり、また対象人物がさまざまな法律や道徳を破っていることから、「闇を暴く」という論調になっているが、見方を変えてみると「あらゆる手段を利用してのし上がったダークヒーロー」あるいは「食肉業界のトニー・モンタナ」といえなくもない。どう読むべきかは読者に任せることだとしても、おいしいお肉がどのようにしてわれわれの口に運ばれているのか、そしてそれをだれが牛耳っているのかを知ることは決して悪いことではないだろう。

山口義正『ザ・粉飾: 暗闘オリンパス事件』(講談社+α文庫)

ザ・粉飾 暗闘オリンパス事件 (講談社+α文庫)

ザ・粉飾 暗闘オリンパス事件 (講談社+α文庫)

筆者はオリンパス事件を「発見」したジャーナリストであり、その観点から書かれた本書は躍動感に満ち溢れていました。オリンパス事件の概要と推移だけではなく、それがどのように暴かれ、白日の下にさらされたのか。そしてその過程において筆者を含む当事者たちは何を考えていたのか? ドキュメントとしてはもちろんのこと、ある種の読み物・サスペンスとしても面白い1冊だと思います。そして地位と名誉は人を狂わせるということ、巨大企業といえども粉飾決算の方法はありふれている(=ペーパーカンパニーを過剰な"のれん"を計上して買収し、のちのちその"のれん"を損失として計上する)ことを再確認しました。

帝国バンク情報部 藤森徹『あの会社はこうしてつぶれた』(日経プレミアシリーズ)

本書は倒産の事例集です。テーマごとにさまざまな実際の企業の倒産理由が2-3ページずつ紹介されています。通して読まずとも、気になる企業からぱらぱら目を通してみてもいいかもしれません。それにしてもひとくちに「倒産」といってみても、その理由原因はさまざま。企業には企業ごとの歴史があるようにその倒れ方もバリエーションは豊か。不謹慎ですが、倒産企業に縁のない第3者視点あるいは野次馬根性で読むと面白い1冊でした。盛者必衰の理をあらはす――とは少し大げさですかね(´・ω・`)

松浦智之『すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか:デプロイ・保守に苦しむエンジニア達へ贈る[シェルスクリプトレシピ集]』(シーアンドアール研究所)

すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか デプロイ・保守に苦しむエンジニア達へ贈る[シェルスクリプトレシピ集]

すべてのUNIXで20年動くプログラムはどう書くべきか デプロイ・保守に苦しむエンジニア達へ贈る[シェルスクリプトレシピ集]

POSIX原理主義者のお通りだー(適当)

移植性を軽んじていると思わぬ場面でやられがち――とわたしが勝手に思っているだけですが、しかし実際にシェルコマンドの環境差異に苦しめられる機会があり、手に取った1冊です。本書の構成は前半1/3でPOSIXに準拠したbashの書き方を解説し、残る2/3は用例集になっています。

個人的に参考になったのは後半部。「POSIXという制約(?)の中でもこれだけ多様なことができる」ということもそうですが、POSIXの範疇ではできないことも多くあり、それが正直に書かれていることに好感をもちました。はっきりいうと、本書におけるPOSIXの限界とされるのは、かなり限られた用途の中で現れるものであり、プログラマが日常直面する問題の90%、いや99%はPOSIX準拠で解決できると思います。それに「POSIXの範囲外だが、事実上のデファクトスタンダード」といえるものは多数あり、それを組み合わせれば、残りの1%も問題なく解決できる気がします(´・ω・`)

こういう境界線に触れることも大事なこと――そして筆者が一番伝えたかったことかもしれませんが、bashのレシピ集としても楽しく読めました。また前半部はbashの文法講座としてよくできていると感じました。bash/shellscriptを「なんとなく」で書いてきた人がステップアップするにはちょうどよい1冊だと思います。

最近読んだ小説: 『悦ちゃん』『最高殊勲夫人』

ここ最近は仕事が忙しい(´・ω・`) 単に忙しいだけならまだよいのですが、その仕事内容が理不尽というか非合理的というか馬鹿馬鹿しいというか、とにかくストレスフルな仕事が多く、精神的に疲弊気味。わたしだけかもしれませんが、そういう状態だとフィクション作品を読む気力がなくなりがちで、読むものといえばノンフィクションや技術書のようなものが多くなります。

要するに小説を読むには精神的余裕が必要で、それがいま失われているために小説読みをさぼりがちというわけです。とはいえまったく小説を読んでいないわけでもなく、またその数少ない読書量のなかにも面白いものがいくつかあったので、ブログで紹介したいと思います。

獅子文六悦ちゃん』(ちくま文庫)

悦ちゃん (ちくま文庫)

悦ちゃん (ちくま文庫)

いわゆる「忘れられた作家」のひとりでありながら、ここ数年再発掘されつつある獅子文六。本書はその代表作のひとつであり、タイトルの通り悦ちゃんという女の子を主人公とする家庭小説になります。

はっきりいって、プロットは無茶苦茶です。主人公を含め、キャラクターの造形は極端。話は緩急がつきすぎているし、御都合主義の連続で、リアリズムなどとは程遠い世界にいるのですが、しかしエンターテイメントや大衆小説として読めば十分許容範囲内というか、むしろ「面白い」という感想すら抱きます。また悦ちゃんの純粋さや無垢さ、そして破壊的な行動力はどこか胸を打つところもあり、気軽に読めるわりにはなかなか楽しい作品ではないかと思います。

源氏鶏太『最高殊勲夫人』(ちくま文庫)

最高殊勲夫人 (ちくま文庫)

最高殊勲夫人 (ちくま文庫)

素直になれず、お互いに反目し合う男女が徐々に引かれていくーーという「通俗小説の極み」の内容で、なおかつ話の流れは御都合主義そのもの。前述の『悦ちゃん』と同じく、リアリズムとはかけ離れた昭和の大衆小説を体現したような作品ですが、しかし平成も終わりつつある現代人でも面白く読めてしまうのはすごい。このあたりはさすが昭和の人気作家であることを感じさせますし、また「素直になれない恋愛」という比較的普遍的なテーマを扱っていることも勝因かもしれません。

本書の魅力は単に話の面白さだけには止まりません。その時代背景と風俗描写です。大正ロマンならぬ昭和ロマンを感じるといえばいいのかしら。考えてみれば100年も経っていない、歴史というほどでもないような時代を描いているのですが、これが奇妙な異国情緒のようなものを感じさせ、実に「よい」のです。作品の主な舞台が東京、それも銀座や新宿のような大都会が中心であり、余計にロマンを感じるのかもしれませんね。

ここ1ヶ月ぐらいで読んだ宗教関連書3冊: 『イエスという男』『聖書考古学』『イスラーム神学』

盆休みがもらえたため、日本的慣習に従い実家のある大阪へと帰省したのですが、やることといえば墓参りと多少の行政手続きぐらいで、意外と暇を持て余しがち(´・ω・`) そういうわけで(?)、ここ1ヶ月ぐらいで読んだ宗教関連書のうち、興味深いと感じられた3冊について書評を残しておきます。

田川建三『イエスという男 第二版 増補改訂版』(作品社)

イエスという男 第二版 増補改訂

イエスという男 第二版 増補改訂

本書は史的イエス、すなわち歴史学という観点からナザレのイエスの生涯と思想を読み解いていくのですが、その論理展開が超スリリング。ナザレのイエスは先駆的な宗教観社会観を持った宗教家だが、時代的な文脈を逃れられていないし、ましてや神の子などではありえないーー一般の信徒であれば到底受け入れられない議論が豊かな論拠と説得力ある言葉によって綴られ、また教会や聖職者あるいは神学者たちが(筆者が思うところの)イエス像をいかに歪めてきたのかということを舌鋒鋭く批判します。

本書に述べられた議論がどれほど正確なのか、あるいは主流的な聖書学からどれだけ受け入れられているのか、わたし自身は判断するすべを持ちませんが、それはさておいても脳天を揺さぶられる、目から鱗の1冊でした(どうでもいいですが、「目から鱗」も聖書の1節ですね)。

長谷川修一『聖書考古学: 遺跡が語る史実』(中公新書)

聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)

聖書考古学 - 遺跡が語る史実 (中公新書)

聖書に書かれていることがどれだけ歴史的事実に即しているのか。もちろんまったくの神話であったとしても、ユダヤ教キリスト教がまちがっているというわけではないのですが、しかし気になってしまうところ。本書はおもに旧約聖書の内容について、考古学の観点から検証を加えていきます。

「考古学」という点に個人的には関心を持ちました。聖書歴史学というと古い文書や写本を読み漁るイメージがあり、現地まで行って地層を掘り返すような方法論があるとは全く考えていませんでした。考えてみれば当たり前のことですが(´・ω・`) もたらされる結論は知らないことばかりでしたが、しかし合理的なものばかり。知らなかった学問ジャンルについて知見を得られるだけでなく、聖書の知識も得ることができるという点で大満足の1冊でした。

松山洋平『イスラーム神学』(作品社)

イスラーム神学

イスラーム神学

世界で2番目に信者が多い宗教でありながら、日本だとまだまだ接点が薄いイスラム教。日本でのイスラム教のイメージというと、厳しい戒律や昨今のテロリズムなど、トリッキーなものばかりが先行しやすく、また日本の思想史を振り返ってみると、大川周明井筒俊彦など、必ずしも主流派とはいえない「やや異端」的なひとびとが俎上に上がりがちで、「イスラムとは何か」という本質的なところは見えないままでいます。

本書はそのタイトルの通り、イスラム神学について、イスラム社会において主流派を占めるスンニ派の観点から解説したものになります。ひとくちにスンニ派といってもいくつかの学派に分かれるのですがーーそのこと自体も本書を通じて知ったのですがーーそのすべてに対して、学問的に公平な記述がなされており、きわめて誠実な印象を持ちます。

正直なところイスラム神学に関して全く知識がない状態で読んだため、知らないことばかりで、今でもその全てを消化しきったとは言い難いのですが、知的好奇心をくすぐられたことは間違いありません。また本書を通して、長い期間と多大な叡智を積み重ねて検証されてきたイスラム神学の合理性を知り、日本的イスラム理解を一歩抜け出すことができたように重ます。